2013年10月25日

天啓の殺意

「模倣の殺意」が再び注目したおかげで、関連作の文庫も書店の店頭に並ぶようになりました。

そんな中町信さんの作品、
「天啓の殺意」



犯人当てリレー小説の裏に隠れた悪意・・・
前回にもまして叙述トリックの妙にだまされます。
叙述トリックだと分かって読んでるんですけど、ね。


「真相」の直前から妙な違和感があるのですが、その理由に気がついてから真相を読めば、ミステリーで勝ったと思えるかも。
ぜひ勝負してください。




Posted by ブックセンター 名豊  at 18:09