2014年02月07日

致死量未満の殺人

「第3回アガサ・クリスティー賞」に輝いたミステリーです。



「弥生を殺したのは俺だよ」という告白から始まるミステリー、いわゆる「ハウダニット」です。時効目前、今までばれていなかったわけですが、彼にはそれが枷だったようで。


ですが、もちろんそれだけで終わるはずもなく。
むしろ龍太が告白した事件の真相からが本番です。

ネタバレはしたくないのですが、




龍太の方法では実は不可能、なのでは?
では誰が?

ということでしょうか。
どんでん返しが続くので、読み応えはあります。












私的に不満点といえば、関係ない人物が二人閉ざされた山荘の中にいることでしょうか。




Posted by ブックセンター 名豊  at 09:18